歌詞

weather report

globe

作詞
TETSUYA KOMURO
作曲
TETSUYA KOMURO

空から気象衛星のように

俯瞰で君をあなたをのぞいた

急いで飛び乗った最終便で

あなたは誰に会いに帰ったの?

重なる信号待ちもこりずに

人並みも気づかずに 気にもとめずに

目線はいつもモバイルの小窓に

淡い期待を追いかけ待ちわび

今日も1日誰ともひと言も

言葉を交わさず 焦りが苛立ち

ふりだけでもよろしくやってる様に

誰も君なんて見ちゃいないのに


おそらくは 大勢が こんな感じでうごめいてる

ゴールから遠ざかる 気配を何げに感じて

ちりのように それぞれが 何か満たされず さまよう

君たちが動かなきゃ 空も青くは見えないのに


そしてbull my mind and delete

思い出は壊れ

いつまでも耐えてる

ひどい嘘をついて


かなえて 明日を どうかうまく転がっていって

それなりに 汗をかき 危うい橋を渡っているって

教えてあげるよ 明日の天気予報ぐらいは

伝えてあげるよ 明日の出会いは大切だと

あなたに…

君に…


思い出 (思い出)

永遠 (永遠)

いつまでも (もう全て終わりさ)

願ってる (叶うわけないよ)


J'ai le vrai vueur recu, dans ce monde

fragile et traquille resister?

In this house of dream...


自分自身が消えてしまうかのように

気持ちの安らぐ一時


あなたはそしてやっとの想いで

彼の胸に飛び込んでKISSをして

週末を箱庭のようなモールで

マニュアルどおり恋をこなして

君は角部屋の小さな城で

行く末の見えないメールを拾い

部署変えのグチとか絵文字で転送

また淡いハプニングを願ってる

だけども体の奥底に住む 生きぬく力が希望を救う

出会いはめぐり逢いだと信じて

明日は晴天を祈って

TVの何げない天気予報の 声に耳をかたむけ

自分が寂しくなってることを気づかないように

そっとすべてを明日に託して眠る


いつだって いたずらに 時代のせいには出来ない

たけどなお 泣きもせず じっと風に吹かれてるまま

終われない 待ちきれない それなりに 汗をかき

それなりに 身を粉にし 何かにめぐり逢いたくて


教えてほしいよ 明日の天気予報ぐらいは

伝えてほしいよ 明日の出会いは大切だと

かなえて 明日を どうかうまく転がっていって


探してごらんよ 何か昨日は見えなかった

期待感や満足感

確信もてる訳じゃないと分かっていながら

少しだけ明日へ傾いてる

純粋な自分を見つける事ができたらso nice view!


views of the day

views of the day...


あなたのviews of the day


like a spy

in the sky

you are my satellite


weather eye

in the sky


in the light (重力にまかせても)

in your eye (結局何も見えない)


like a spy

in the sky

you are my satellite


weather eye

in the sky


in the light (引力に逆らえず)

in your eye (周りをずっとうろつく)

提供: うたまっぷ