歌詞

お前からの手紙

くず

作詞
ANIKI
作曲
ANIKI

手紙が着いた 少し震えた字の

涙でにじんだ お前からの手紙


部屋にさし込んで 月あかりの下で

俺は何度も 何度も 何度も

手紙 読みかえした

書いては消された その文字のアトに

本当は言いたくて 言えなかった事が

うっすらにじんでた

手紙が着いた 少し震えた字の

涙でにじんだ 懐かしい文字が

二人で過ごした 楽しかった日々の

時を綴ってる もう来る事ない

お前からの手紙


<台詞>

あの時 俺は 分からなくなってた

お前の気持ちも そして俺の気持ちも(MY 気持ち)

そんな時 手紙が届いた

読んだよ (Reading)

お前の気持ちは分かった

だから 今度は俺の気持ちを言います!

俺は 俺は今でも

お前のことが 大好物だ!!


手紙が着いた 少し震えた字の

涙でにじんだ 懐かしい文字が

二人で過ごした 楽しかった日々の

時を綴ってる お前からの手紙

提供: うたまっぷ