歌詞

綺羅 KIRA

真琴つばさ

作詞
Narumi with MAKOTO
作曲
Kazuhiro Hara

恋して燃えた季節を過ぎても

心は落ちつかずに

ひとりひとつの溜息重ねる

誰にも伝えられない


届かぬ想い抱き続け

やりきれない時もある

けれどそこから逃げなければ

必ず道はあるさ


キラキラと燃える瞳は

ずっと色褪せずに強く

映し出す熱い想いを

今 見つめているから

振り向かずに自分らしく

咲き誇れ


冷たい雨に打ちのめされたり

障壁にぶつかって

すべてが嫌になりそうな時でも

自分を信じていて


奇跡はきっとめぐり来る

遠くても離れても

ときめく胸に震え高なる瞬間を

感じていて


キラキラと燃える朝日に

そっと祈りだけを胸に

それぞれの場所を見つけに

今 前に進むのさ

凍りついた心溶かし

舞上がれ


キラキラと燃える瞳は

ずっと色褪せずに強く

映し出す熱い想いを

今 見つめているから


キラキラと燃える朝日に

ずっと時を越えて強く

めくるめく熱い季節を

ただ照らしてゆくだろう

未来という自由を手に

咲き誇れ 咲き誇れ

提供: うたまっぷ