歌詞

ショウタイム

椎名純平

作詞
Junpei Shiina
作曲
Junpei Shiina

見目麗しき夜の女神を 道連れに走り出したら

アクセルを踏み込んだ早さで 日常から軽く飛びたてる


むせぶ暑さのこんな夜から 満月の夜なら尚更

何かが必ず起こる 求めてる震えるようなスリルスピードサスペンス


重ねた指先が途切れたなら それはきっと月のいたずら


あの角を曲がったら ギラついた街のパレード

囁きに耳をそばだて 太陽がシラけさせるその前に


この物語かわりきった結末 今夜だけ忘れちまえばいい

暗がりにそっと目くばせ 通じあえば輝く夢が夜ひらく


青いドレスの女が微笑みかけたら それはきっと月の幻


あの角を曲がったら 欲望の渦飛び込んで

いっそ皿まで頬張れ 夢から醒めてしまうその前に


あの角を曲がったら 苛立ちが突き抜ける

二時過ぎあたりのパラダイス 魅惑の甘い蜜


あの角を曲がったら 欲望の渦飛び込んで

待ちきれないのはショウタイム 夢から醒めてしまうその前に

提供: うたまっぷ