歌詞

Blue bird

Snappers

作詞
吉田直生/藤崎高寛
作曲
スナッパーズ

君へと続いてく ドレミファソラ

口ずさんでゆく 帰り道

抱きしめ合って 吹き出してしまうような

そんな二人だった 笑っていたブルーバード


こうすればこうなるって思ってたけど

天気予報みたいにいかないよ

何となくつぶやいたメロディーには

あの頃のにおいがした


通り抜けるたび思い出は

とびらを閉じてゆく

これから進むべき場所に君が見えた


空に溶ける青い鳥 探すような時間の中で

まっすぐに伝えたくて 不器用な言葉をまたつなげて

歌う歌はずっと 君のために


見つかりにくいものはすべて

そっとしまいこんでさあ

からみ合って 見つめ合って 歩いていくんだ

またちがう僕らに変われる気がするから


通り抜けるたび思い出は

とびらを閉じてゆく

これから進むべき場所に君が見えた


望むことを一つだけ言えるならこんなことだよ

終わりのないストーリーが 何年だって続いてゆくことさ

ららら…… 喜びも悲しみもいつだって 少しだって五線紙の上にのせて

歌う歌はずっと 君のために

空で笑う 音い鳥の

羽根の向く その先へ

提供: うたまっぷ