歌詞

朝焼けの歌

川村結花

作詞
川村結花
作曲
川村結花

lalala…

それでも僕らは 夜明けを待ってた

今にも消えてしまいそうな 明かりをたずさえて

行き止まりの看板 見えた気がした冬の町

無難そうな抜け道が 浮かんでは消えた


君が笑った ほのかな灯りの遊歩道

僕を見損なわない よくしってる笑顔

まだやれるのかな もうだめなのかな

ふっとちいさくつぶやく声 バイクが消してった


ねえ いつからこんなに むずかしくなったんだろう

伝えたい気持ち それさえも今は つながらないけど


いつでも努力が 足りないらしかった

全ては僕が いけないらしかった

それがどうやら 世の中らしかった

僕の座席は 今夜もなかった


イタミと迷いを 冗談に変えて

それでも君は 言葉を続けてた

乾いた笑いは 悲鳴のようだった

今日も僕らは試されてた あの日の純粋を


かなしみに出会うたび 僕たちは思い出す

夜を越え輝いた いつか見た朝焼けを

かなしみに出会うたび 僕はきっと思い出す

夜を越え輝いた 君と見た朝焼けを


lalala…


それても僕らは 夜明けを待ってる

それでも僕らは 夜明けを待ってる


lalala…

提供: うたまっぷ