歌詞

春秋

AIR

作詞
AIR
作曲
AIR

ある どこにでもある ある ありふれた春

そよぐ風が ようこそ今 ほら

ゆくえ決めずあちらこちら あしたの夢運んでた


いくつでも いくつでも いくつでも いくつでも

いくつでも いくつでも いくつでも いくつでも

遥か遠い空を いくつでも いくつでも

いくつでも いくつでも


そう 雪どけ水に なぞらえた

新しい形に 生まれ変わりながらも

流れだす 美しい この意味 ほら


まるで僕らの 姿みたい ただ

春の別れに涙する その姿が離れない


禁じても 信じても 歩いてても 走ってても

演じても 語ってても 叫んでても 憂いてても

泣いてても 眠ってても はしゃいでても 唄ってても

いつでも いつでも いつでも


風立ちぬここでまだ 肌寒さ おぼえながら

桜吹雪を身にまとって 手を振る姿 くらべようもなく

美しすぎて さながら夢か


もうすぐほら さよならバイバイ でも

あしたをつかみとる日まで 僕らは戦うと決めた


いくとせも いくとせも いくとせも いくとせも

いくとせも いくとせも いくとせも いくとせも

今羽ばたく春の 遥か遠い空を

いくとせも いくとせも


歩き出す今日の 空を横切った

無数の愛情を 両手で抱きしめた

いくつでも いくつでも いくつでも いくつでも

いくつでも いくつでも

提供: うたまっぷ