歌詞

birdcage

Gackt

作詞
Gackt.C
作曲
Gackt.C

光の中で見た幼い記憶は

汚れたこの僕には今も遠すぎて

闇の中、君の名を何度も叫んだ

終わらない時代の中で君しかいなくて


贖うことさえできずに僕を閉じ込める

祈ることしかできなくて…悲しみは癒えない


紫陽花の濡れた葉を一枚ちぎった

水溜まりに浮かべて君を思い出す


雨上がりの夕暮れに微かに聞こえた遠くの船の汽笛

何故か悲しくて


許されないのならすべてが消えればいい

苦しみも痛みも何もいらない世界へ


贖うことさえできずに僕を閉じ込める

祈ることしかできなくて…悲しみは癒えない

優しく泣いた空から聞こえた君の声も

涙を浮かべたまま微笑った僕には見えない・・・


光の中で見た幼い記憶は

音のない笑顔さえ今は嬉しくて

二度と戻れないあの頃にも

僕たちは微笑っていた

提供: うたまっぷ