歌詞

全部、君だった。

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

いつのまにか降りだした雨の音

急ぎ足で行く季節の終わりを告げている

ふいに窓を閉じかけた手が止まる

しばらくは君のこと思い出さずにいたのに


些細なことからの諍いは

いつも二人の明日を曇らせた


今ならあの夜を越えられるかな

君の涙に答えられるかな

胸も苦しくて張り裂けるほど

全部、君だった


互いのぬぐいきれない淋しさを

冷めた朝の光の中でうやむやにしてきた


心にもないうらはらな言葉で

わざと二人は傷つけあったね


今なら上手に伝えられるかな

いつも微笑みに応えたかった

胸も切なくてかきむしるほど

すべて、君だった


時は静かにかけがえのないものを

遠ざかっていくほどあざやかに映しだす


どんなにやるせない気持ちでも

どんなに明日が見えなくても

温もりだけをたよりにしていた


やがて雨音は途切れはじめて

街がにわかに動きはじめる

雲がゆっくり滑りはじめて

部屋は明るさを取り戻してく


風がやさしく頬をなでてゆく

全部、君だった


雨も雲も街も風も窓も光も

全部、君だった

冷めた朝も夜も微笑みも涙も

全部、君だった

提供: うたまっぷ