歌詞

音木箱

一青窈

作詞
一青窈
作曲
武部聡志

ひとつ ふたつ

三つ編み、を数え唄でほどいた。

編みこまれたの

愛し母を たぐる音色


ひとり ふたり

山査子 を、かぎ編み棒にさした

幼すぎたのか十四

立ち尽くした酸っぱさ。


これまで ため込んできた

「ごめんね」

ごと、

いま開けて

音木箱 は 君と夜を溶かし つらら つらら


ひとつ ふたつ 薬指

あれ は、 おとぎの話し

火傷したのは

十七

今は金色の糸。


これまで ため込んできた

「ごめんね」

ごと、

いま開けて

音木箱 は 君と僕を溶かし つらら つらら


これまで ため込んできた

「ごめんね」

ごと、

いま開けて

音木箱 は 君と夜を溶かし つらら つらら


これまで 許し続けた

「ごめんね」

さえ、

いま開けて

音木箱 は君と僕を溶かす


つらら


つらら

提供: うたまっぷ