歌詞

夏の手紙

See-Saw

作詞
石川千亜紀
作曲
梶浦由記

いつまでも いつまでも座り込んで

川せみを静かに聞いてました


小石拾い上げて 投げたら思いもかけず

大きな音しました


襟あしが 夏の匂いに小さく

漂って そして脈うつのです


無言の時計と 暗くなるのを待つのです

その全ては はかないです


あれから一年が過ぎ どうやら一人きりです

愛していたのかしらと 愛しすぎたかしらと

胸の中にしまってた 宛名のない手紙を

河の流れよ 今は受け取って下さい


夕映えが 熱いからだをそのまま

河の中に 投げ出して冷やして


一人づくしの夏 思いもかけず横顔を

ふいに見せに来るのです


あれから冬が過ぎ去り そして春を越えました

愛していたのだろうと 愛は流れていくと

夏の手紙に託して 振り返ることもせずに

河は何も知らずに 乗せて行くようです

提供: うたまっぷ