歌詞

千夜一夜

See-Saw

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記

この場所を出て歩く道の事を考える

空はまだ早い夕方 雲に色を残して

隣の子供は同じ歌もう三度も歌ってる

終わる言葉思い出せず 最後だけずっと繰り返して


始めも終わりもいらなかった 君の目が呟いた

どんな記憶を探したら胸の深みへ届くのだろう

長すぎた 君の言う日々は一夜の夢のようで

終わる言葉信じられない 目覚めの時はまだ遠い


千の夜を消せないでまだここを立てない


誰の心も動かせないただの無口なシエラザード

幾つの夜を重ねても一つの恋さえ語れない

温もりにもなれなかった寝物語は何処へ消えて

君の優しい言葉だけせめて覚えておきたかった


千の夜を消せないで一人の道に席を立つ


優しい言葉だけせめて覚えておきたかった

一つの夜に消えた千の夜を......

提供: うたまっぷ