歌詞

輝きの季節

田村ゆかり

作詞
三枝翔
作曲
山口一久

この胸の 奥で 生まれたばかりの

せつなさを

あなたは気づいているかしら


口紅を変えて 前髪を少し 切った

私に 気づいて欲しいの


いつもの道 あなたと歩く

ふたりのあいだには

20センチの距離がある

輝く季節に風はささやいている

何かが変わる予感にときめく


すれ違う 恋人たちに 視線そらす

あなたの 横顔に 胸が痛くなる


青い空も 雲が立ち込めて

重い気持ちになって

涙が出そうになる


急に降り出した雨

あなた 私の肩を

ぎゅっと抱き寄せて走り出した

友達以上恋人未満の二人を

この雨が変えて行くの


ねぇ 小さい声だったけど

「好きだよ」って

さっきそう言ってくれたね


雨があがり 眩しい陽射し

あなたの手がそっと私の手に触れる


輝く季節に風はささやいてる

何かが変わる予感にときめく


友達以上恋人未満の二人を

この雨が変えて行くの


輝く季節に風はささやいてる

何かが変わる予感にときめく

提供: うたまっぷ