歌詞

抱きしめている

See-Saw

作詞
石川千亜紀
作曲
梶浦由記

抱きしめている

キスをしている

だけど胸の中 鳴かない鳥のように

震えてる君を見つめる

行き場のない明日


壁にもたれて

眠りにおちる君が少しでも

ここから逃げて何処か行きたいと思う夜は

…この手を離さずに


寄りそう二つの傘が冷たく倒れそうだね


淋しい時に笑顔になるなんて悲しいクセ

いつのまにか消えてなくなるだろう

それだけで君はもう一人じゃない


ガラスに額をつけてほてった心冷まして

涙の数ほど君を包み込んで行けたらいい


愛されてたい

愛していたい

きっとそれだけの二人ならば

心の行く先はドアの向こう

明日はもう一人じゃない

提供: うたまっぷ