歌詞

たった一人のあなたへ

See-Saw

作詞
石川千亜紀
作曲
西岡由紀子

届く絵葉書

あなたが夢見て眠る場所に雪は降るの?

揺れた空港のロビー

くたくたのコート押し付けて手を振ったね


ずっと待っているの

たった一人のあなたを

去年よりも長い冬を感じている


あせたシャツには

重ねた二人の季節が染み込んでるのに

すぐに肩を湿らせる

雪のもろさの中に心預けてる


涙見せる人は

たった一人しかいない

街のnoel聞けば今日は眠れるはず


窓打つ風のはからい

懐かしい声を抱いて強くなりたい

微笑みで迎えたいから


同じ空をたどる

たった一人のあなたへ

いつも二人でいる事を感じてほしい


ずっと待っているの

たった一人のあなたを

去年よりも長い冬を感じている

提供: うたまっぷ