歌詞

心の絵本

See-Saw

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記

ちっちゃな出会いは いつもさよならの予感

でも今だって夢を見る

この出会いはきっと永遠のもの

そして溢れる思いをのせて


黄色いキャンバス オレンジの絵の具を出して

沈んでく太陽を描こうとしてみたんだよ


届かないままで散った言葉の群れが

心の海に落ちて

彷徨った果ての蒼白い砂浜で

綺麗なポエムに変わっていく


一人でいると口ずさんでた大切なメロディー

心の絵本に書き付けてる途中


新しいノートの真っ白なページが何よりも大好き

昔パパがくれた古い万年筆に

マリンブルーのインク詰めて


緑のキャンバス 透き通る絵の具を出して

心のプリズムを映そうとしてみたけれど


あの時壁にあった絵の中に二人潜り込んで

黄色い花ばかり集めた夢

一人きりのIllusion

あなたには伝わらないね


一番綺麗なパステルの上には

寂しい言葉しか書けなくて

心の絵本をそっと閉じて

最後のページは何時だって

Long good-bye

提供: うたまっぷ