歌詞

うた

See-Saw

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記

言葉がみんなうたになったらいいな

無口な恋を

何よりも鮮やかな音階で鳴らし続ける

微笑みよりも おしゃべりよりも遠く君に届きたい

忘れ得ぬ歌になり君の中に残っていたい


光の速さで遠ざかる星たち

私の願いたどり着くかしら

この夜に それとも明日


君に歌を捧げたい

姿を見せない鳥の声で

雨になる空見上げていた

肩に君の手が触れたときのこと


5つ目の曲がり角で生まれてきた気持ちあたためて

君に注ぐ時を 今日、明日と指を折って数えていたの


光の速さで遠ざかる人たち

私の思い伝わるのかしら

窓のないビルの中で


君に歌を捧げたい

呼び合いさえずる鳥の声で

今をどこかに無くした後も

君がいつか口ずさむように

提供: うたまっぷ