歌詞

幾千の時を経て

徳永英明

作詞
Hideaki Tokunaga
作曲
Hideaki Tokunaga

月明かりもままならぬ霧の中でも

星は未来を目指してひかり続ける

君を好きになるほどに僕の想いも

この運命の先を照らす


もし時を遡って君に遇えたら

恋で片付けられない理由を知るかな

ずっと感じていたんだ過去も未来も

君に逢うためだけにある


幾つの時代を経て生まれ変わってきても

僕はきっと君に恋をしているはずさ…

幾千の時を経て出逢う星みたいに

君と出逢うことでひかりつづけられる僕は…


君と出逢ったあの日に意味があるから

懐かしい香りがしてた


瞬時に消えていく流れ星のようでいい

心のまま君を抱きしめていたいのに

幾千の時を経てひかる星のように

僕の想いはいつ君に届くのだろう


幾つの時代を経て生まれ変わってきても

僕はきっと君に恋をしているはずさ…

幾千の時を経て出逢う星みたいに

君と出逢ったことでひかりつづけられる僕は…

提供: うたまっぷ