歌詞

朱いオレンジ

ポルノグラフィティ

作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁

僕を溶かしてよ

蠢いている言葉たちの出口はどこ?

いつの間にか塞がれて行き場をなくしてしまっている

生きていく中で触れて来たもの

混じり合うことを重ねて

そしてただ胸の奥でゆっくり塊になった


ずっと全て受け入れる事が

僕の弱さ 打ち消すと信じていた…


僕を離してよ

その手を退けて

何故そんなに強く掴む?

前を向きひたすらに走り出さなきゃいけないのに


腕を払っても爪は食い込んだ

強く掴む人はそう…僕だった


そして飽きるくらい自分と向き合った

あと何回くらい繰り返せば辿り着けるの?


鋼鉄の鎧を纏っている

僕のこの心を今すぐ

誰か灼熱の抱擁で

愛撫して溶かしてよ


綺麗なもの 歪んだもの

僕にはある ただ曝す事が怖くて

与えるもの 失うものさえも 見えなくなった

ああ僕を返して下さい

提供: うたまっぷ