歌詞

別々の帰り道

Fayray

作詞
Fayray
作曲
Fayray

あれからどれくらい 時が経っただろう

住み慣れた町を離れ 好みの映画も

見る夢さえ変わった


「愛した分だけ傷付くのがイヤ」

いつもどこか臆病な僕を

どこまでも愛した人


あれは秋の夕暮れ

人ごみの中

聞き覚えある

懐しい声


偶然だった 君を見かけた

何も言えず ただ手を振るだけ

髪も笑顔もあの日のまま

ためらって 少しだけ振り向いた

別々の帰り道


「何にだってなれる、どこへだってゆける」

そんな言葉たちや 温かな胸に

いつも甘えすぎてた


あれは秋の夕暮れ

人ごみの中

見覚えのある

君の横顔


突然だった 息が止まった

幸せそうだね 隣にいた人

肩も背中も あの日のまま

せつなくて 少しだけ振り向いた

別々の帰り道


君と過ごした 2年5ケ月

幼くても ひたすら愛した

いつかきっと また会えるね

何も言えず ただ手を振るだけ

髪も笑顔もあの日のまま

色あせた 思い胸に歩いた

別々の帰り道

提供: うたまっぷ