歌詞

今年の冬

松本英子

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

電気ストーブの低いノイズと 君の寝息がとける頃

そっとベッドからぬけ出して キッチンでミルクをついだ

幸せを確かめたくて 眠れない夜があるね

目ざましの赤いLEDが 誕生日の日付けになった


気に入ってたセーターを 相棒の犬がかんでいて

ひどく叱りつけていたら あげたのは私よと笑った


今年の冬も僕には 君がゆっくり積もる

この街のあたたかいものを 集めても君にはかなわない

去年の寒かった夜 雪が降った日のように

何時でもかまわずに 僕をゆりおこす君でいて


手渡しでもらう年賀状は もちろん宛名もないけれど

二人の名前で誰かに 送る日のことを思った


からっかぜが窓をゆらす 自慢できることといえば

ポケットを君にピッタリの 手袋に変えれることくらい


新しいカレンダーには いろんな記念日があるけど

別に何でもないときこそ そばにいる二人でいようよ

全てに慣れることで 君がいなくならないように

言葉で伝えられなくても 僕は僕のことをがんばる


今年の冬も僕には 君がゆっくり積もる

この街のあたたかいものを 集めても君にはかなわない

僕とまちがえて君が 抱きしめて眠る犬に

少しだけやきもちをやいた 自分にてれる冬の夜

提供: うたまっぷ