歌詞

不謹慎な望み

相川七瀬

作詞
相川七瀬
作曲
大野秀貴

following the passage

tell me the way you go, tell me the way you face

leaving a space to replace the place

with the days after days


livin' in conjunction, no function

searching for the definition of the love

but losing all the mind in the dakness


it's the story of hysteric, 3 dimentional,

sentimental key of life


seven thousand three hundred days of the life span

and devide that number by 365

which makes you the 20 years

to build up the mind of love

but sometimes it corrupts

at the same time you start

to fall down & down & down


錯乱した詩人のように 愛でページ埋め尽くしたい

<生み出す新たな人格者 on the another side>

凶器じみた交わす言葉 恋は夜が生み出す痛み

<狂言じみてたあのセリフと見せる正体>

自分を見失ってく様 貴方に心、見失う様

<遠のいてゆく現実もう失った物は戻らない>

愛さずにはいられないの この甘く媚びる倦怠感

<闇に覆われてゆく光の存在すら許されない>


歯痒いまま 恋はしもべとならん

今こんなにも欲しいものがあるなんて


不謹慎な望みは私のこの感情殺してく

現実も奪って

不条理な愛情 貴方なしじゃ生きてはいけないの

何人も捕らわれる、愛は孤独の化身ね


変わり者絵描きのように その思考塗りつぶしたいの

<妄想の世界に生息中that's現実逃避行>

舌の上にバラのトゲ このままキスをやめないで

<狂いはじめたパンク寸前の思考回路>


いつの間にか 絶望に近い

今運命は夢のようにただ廻って


不謹慎な望みは貴方をこの世界に閉じ込めて

その自由も奪って

不条理な愛情 一秒でも 離れていたくないの

独りにはなれない 麻痺していくリアリティ


a day in a life time

止まってる時間の流れ

廃墟と化した渦の中で

Fade away された愛の行方は

どこへ飛んでゆく

二人の distance (what?) もう縮まることない

存在もない truth or lies

男女の生み出す危険な状況

消去不可能な last night's memory

マヒした感情に交差する残像胸に突き刺す

一瞬にして turns me to dust

くずれはじめた vision, invisible

空虚と化す It's the.........

息を殺した loneliness


不謹慎な望みは私のこの感情殺してく

現実も奪って

不条理な愛情 貴方なしじゃ生きてはいけないの

何人も捕らわれる、愛は孤独の化身ね

提供: うたまっぷ