歌詞

喝采とメランコリック

嶋野百恵

作詞
Momoe Shimano
作曲
Ken Matsubara

くるぶしの渇きに あなたの水をそそいで

それもまだ不純なものを失くせる為に


ふたりならどれだけ 遠くへ逃げていけるの?

いつだって望むことはゆうに優しさを超える


まっ青な真夜中に漕ぎだす ピアノの旋律を

壊れたままのハートで聴いたら…耳元に喝采が。


いたずらにもつれる運命のしぶき 走り出す針と夜のリズム

ピンがはじける 倒れたダイヴが まわりだす

一度でもいい 朝をおそれず眠ってみたい


ロマンスはメランコリック ふたりに永遠はなく

流星が消えたなら呼びあう名もない


温かな夜食と かわいた幸せ願う

あなたにはこんな歌がきっときっとよく似合う


濃厚なコーヒーと切なく繰り返す さよなら

私は今日も震えているから 恋人よそばにきて


愛してると言うあなたの悲しみ わかる日がいつかくるのですか。

満ち欠けする 月の明かりが 踊りだす

一度でもいい 朝をおそれず眠ってみたい


いたずらに競りあう愛はスローなつぶ 見続ける白と黒の夢

いたずらにもつれる運命のしぶき 走り出す針と夜のリズム

ピンがはじける 倒れたダイブが まわりだす

一度でもいい 朝をおそれず眠ってみたい

一度でもいい 朝がこない世界を見させて

提供: うたまっぷ