歌詞

白雲の城

氷川きよし

作詞
松井由利夫
作曲
水森英夫

夢まぼろしの 人の世は

流れる雲か 城の跡

苔むすままの 石垣に

栄華の昔 偲べども

風蕭条(しょうじょう)と 哭くばかり


城 黙して 語らず

天 永遠(とこしえ)に 動かず

人 人のみ 心揺れて…


月影浮かべ 満々と

湛(たた)えし堀も 水涸れて

名もなき花に 宿る露

幾星霜の 病葉(わくらば)が

積もりて朽ちし 大手門


心の褥(しとね) 草まくら

誰(た)が吹く笛か 琴の音か

月下に起(た)てる 若武者の

凛々しき姿 今いずこ

あゝ荒城の 秋が逝く

提供: うたまっぷ