歌詞

neuromancer

GLAY

作詞
HISASHI
作曲
HISASHI

坂道の途中でつまずいて

わずかな夢にふられたり

張り替えた弦も絆も切れた

それでも振り返れない


音速の波に急かされてた

ダイヤが輝く瞬間

シックスポケットのスーツ

肩で切られる風も苦笑い


夢に描いた華やかなステージセット

予感は地下鉄が刻むキックに

合わせて手招き繰り返すムーヴメント


タイムカード破り捨てて穏やかな日々に

はなむけの KISS

うまくなったのは愛想笑いとレジスター

今日でさよなら

止まらない情熱の行方は空回りばかりでも

見るもの全て全身の刺で近寄せない

強がりで走る日々


輝くビルは聖夜のツリーの様に着飾り

あの日に願った夢と

引き替えに熱を奪いあざ笑う

隙に原石がダイヤになる

世界を巻きこめ

[鼻歌でメディアが踊るシーンに殴り込む]


タイムカード破り捨てて穏やかな日々に

はなむけの KISS

うまくなったのは愛想笑いとレジスター

今日でさよなら

止まらない情熱の行方は空回りばかりでも

見るもの全て全身の刺で近寄せない

強がりで走る日々


Woh Ride on new wave

don't need emotion

うまくなったのは固い頭のダークスーツ

手のひらでの転がし方

見るもの全てイミテーション

冷めた体 ROCK で解凍できるかな

提供: うたまっぷ