歌詞

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
Tama

凍えたよ 空の下

裸のまま追い出して

聞いててよ 頭ん中

軋んだガラクタの音


待っててよ 暮れるまで

ひとりきりにしないで

洗ってよ からだじゅう

息止めとくからさぁ


溢れそうな水が排水溝へ

小さな渦をつくって流れていく

ぶつかって廻りながら消えてゆくの

覗き込めばそのまま引きずりこまれていく


あなたを想うあまり 夜ごと僕を誘う甘い刹那

人は儚いものに なぜかこんな惹かれ続けてしまう


話してよ 深い底

エンディングは眠りで

触っててよ その下を

後ろから裏側から


どこか繋がるはずの排水溝を

長い髪が絡んで塞いでいく

そして行く先を無くしたのが

ここにあるたったひとつまぎれもない真実


合わせた指先から かすか僕に届く甘い鼓動

塞いだ唇から 不意にこぼれ落ちる甘い吐息


あなたを憎むほどに 揺れて乱れ叫ぶ僕がいる

人は儚いものに なぜかこんな惹かれ続けてしまう

提供: うたまっぷ