歌詞

PLEASURE

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

僕は運が悪かった

体中が刃物みたいに

何気なく触れたもの全部

傷つけるのが怖かった


愛されたいと願うことを

締めようと思いながら

君を好きになってしまうような

自分を分かれなかった


不思議なんだ

君が笑うと

僕の中にも花が咲くよ

雑で乱暴な僕の中に

綺麗な花が咲くよ


簡単な挨拶もいえなくて

それでも言葉を探している

僕を笑わないで待っていたのは

君が初めてだったんだ


人に笑われることよりも

愛されたいと願うことを

不器用だからと締めてた

僕はもうどこにもいないよ


今もそうさ

君が笑うと

僕の中にも花が咲くよ

雑で乱暴な僕だけれど

花は咲くよ また必ず


知らないことは恥ずかしくない

分かり合えば痛みにならない

あの日拒む僕を

抱きしめて教えてくれただろう


出ていく君に

この花を送るよ

同じものはもう咲かないけど

有り難うのかわりに君の

願いを僕に叶えさせて


簡単な挨拶もいえなくて

それでも言葉を探している

僕を笑わないで待っていたのは

君が初めてだったんだ

提供: うたまっぷ