歌詞

銀河と迷路

東京スカパラダイスオーケストラ

作詞
谷中敦
作曲
NARGO

磨かれた朝に夢を見た冷たさが

残り

想いあふれていた


駆け巡る街で流れつく恋を待つ

二人

相手探し求め


悪気なく繰り返していた

負けのない賭けを

綺麗に並べて


何気なく読み返していた

君からの言葉

見逃した優しさに気付いて


駆け降りた憂鬱な道を抜けて

取り返す


追い掛けた日々に歩きだす影は

また踊る

逃れてゆく時も


待たされて見てた冴え渡る空の月

青い迷路

照らし出して


戯れに集めていた

運命の鍵を

全て投げ出して


見回した賑やかな夜

疑いつつ聞いて

癖のある話だと気付いた


抜け出す時は

眠らぬ夢と

悪戯ばかり揺れる物語


追い掛けた日々に歩きだす影は

また踊る

逃れてゆく時も


待たされて見てた冴え渡る空の月

青い迷路

照らし出して


磨かれた朝に夢を見た冷たさが

残り

想いあふれていた


駆け巡る街で流れつく恋を待つ

二人

相手探し求め

提供: うたまっぷ