歌詞

君がいた物語

See-Saw

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記

静けさと安らぎが遠くで招くから

もう少し先にまで行けそうな気がする

ただ手を取り合って 凍りつく夜を越えて


傷付いて俯いた時に出会ったから

切なさが失くなれば離れて行くようで

汚れた水の上だから月の影が綺麗で


それは哀しみの語る物語

恋と呼ぶことにまだためらっている

凍てついた夜に近くなる星は

君がいる夢をいつまで見せてくれるだろう


想い出を飲み込んで空の蒼は深く

ぬくもりのくれるもの 手に入らないもの

何を分け合って何を捨ててゆく ここに


このまま二人で凍てついた空の

彼方へ行けると どうか信じていて

誰よりも近く何処までも遠く

君がいる夢はもう消せない記憶だから


それは哀しみの語る物語

恋と呼ぶことにまだためらっている

凍てついた夜に近くなる星に

君がいる夢をまだ見つめていたいだけで

提供: うたまっぷ