歌詞

迷彩

椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎

「ねえ一層遠く知らない街に隠居して沈黙しませぬこと?

こんな日々には厭きたのさ ねえだうぞ攫つて行つて」


逃げ延びて水密桃に未練 砂みたいな意識と云ふ次元で

逃げ延びた暑さよ何邊へ 揺れが生じ


其の儘 怠惰に委ねた最後の青さ

もう還らないと知つた温度も超へられぬ夜の恐怖色

境界に澱むでゐた決心の甘さ

たうに喪つた岸壁打つは引いてくれぬ後悔と濤の色


待ち侘びて凍る馨は混凝土 砂みたいな意識と云ふ器官で

待ち侘びた寒さよ何邊へ 揺れに動じ


此の儘 愛情に模した修正ペンの白さ

現状を必死で繕つては剥いだ素肌に恐怖色

傍観に徹してゐた感慨の淡さ

たうに喪つた雷雨仰ぐは泣いてくれぬ残忍な雲の色

提供: うたまっぷ