歌詞

Blue Moon

RAG FAIR

作詞
引地洋輔
作曲
幾見雅博

曇り続きの毎日 渇かぬ水たまり

遠いはずの月が近くで浮かんでいる


まだ胸でくすぶる記憶と すれ違うかのように

触れられぬ光は 風に揺れて消えた


あの日隣寄り添わず 向き合っていればきっと

君のうつろう視線にも 気づいたはず…


「オモイ」を「オモイデ」にする 時の流れ

今は進まずに 止まったままで


手のひらすり抜けこぼれた あの月は

遠い空で 僕を照らしている


二人並んで歩いた コンビニの帰り道

少し買いすぎたと いつもどおり笑ってた


忘れるには多すぎる 君と過ごした日々なら

ただ懐かしく振り返れる 過去になればいい…


「オモイ」を「オモイデ」にする 時の流れ

今は進まずに 止まったままで


手のひらすり抜けこぼれた あの月は

遠い空で 僕を照らしている


「オモイ」を「オモイデ」にする 時の流れ

今は進まずに 止まってるけど


水たまり渇く頃には きっと僕も

少し明るい空を見上げてる

君はどこで空を見上げてる?

二人別の 空を見上げている

提供: うたまっぷ