歌詞

悲しみのぬけがら

広沢タダシ

作詞
広沢タダシ
作曲
広沢タダシ

見たくないものまで見えてしまうから 目をつぶって歩いてみたけど

すぐぶつかって倒れてしまうから 薄目開けて避けるしかなかったんです


僕が思っていた以上に歌は 弱く届かないものでした

だけど思っていたよりも痛みは 早く癒えていくもの


そっと悲しみのぬけがらを 胸に抱いて壊れないように

思い出してもそれはもう いつの間にか溶けて笑いに変わってる

邪魔なんだけどね


綺麗な自分を汚したくて 水溜りに飛び込んでみたけど

でも傷付いても決して決して 汚れることはなかったんです


僕は思っていた以上に君の 何も知らなかったみたい

君が思っている以上に愛は 短く儚いもの


そっと悲しみのぬけがらを 胸に抱いて壊れないように

思い出してもそれはもう いつの間にか溶けて笑いに変わってる


君も持ってるの?

僕だけじゃないの? 重たくはないの?

今更だけど少し僕に持たせてよ


そっと悲しみのぬけがらを 胸に抱いて壊れないように

思い出してもそれはもう いつの間にか溶けて笑いに変わる


悲しみがぬけがらに 変わるまでが君を知るチャンス

ほんの少しさっきよりも 君の方に近づけたらいいのに

提供: うたまっぷ