歌詞

星空の向こう側

広沢タダシ

作詞
広沢タダシ
作曲
広沢タダシ

完璧な街を歩いて廻ってた 胸を焦がして

遠くから僕を呼ぶ声を聞いていた 耳を澄まして


壁によじ登って向こうを見たら 未来の僕が笑っていた


今くちづけを空に一つ 僕は行ける どこまででも

愛を積んだロケットに乗って 星空の向こう側へ


前だけを向いて振り返ることもなく 息を弾ませて

この辺でいいと周りを見渡せば 見慣れた景色


壁を乗り越えて深呼吸をしたら 昨日の僕が泣いていた


今くちづけを空に一つ 僕は行ける どこまででも

悲しみは涙に溶けて 星空の向こう側へ


見たこともない その場所へ辿り着けば

全ての傷を 受け止められるはずさ 君と一緒に


まだ僕達はずっとずっと 終わりのない夢の途中

でも少しずつ近づいてるんだ 星空の向こう側へ


くちづけを空に一つ 僕は行ける どこまででも

愛を積んだロケットに乗って 星空の向こう側へ

提供: うたまっぷ