歌詞

ONE TAKE

アイロウ&タカ

作詞
渡久地政賢
作曲
東風平愛郎

こんな小さな生命体が空に響くほどの

大きな声をあげて夏を彩ってる

一日千秋の想いで季節渡ってきたけど

それに値する行動力がまだまだ足りない


耳に何度タコ作ったって繰り返していくんだ

こんな状況だからこそもう一度


儚い命の蝋のように"ここにいるぞ"って自分を叫ぶんだ

猛スピードで駆け抜けてくやり直しなんてきかない

ONE TAKEだ


ほんの小さな一言を大袈裟に捕らえて

どうしようもなく駄目になる日もあったけど

才能があるとかないとかで悩むなんてヤメだ

もう火のついた野心の炎に炭をいれろ


不器用でも夢中になれるものがあればいいんだ

精一杯の姿に胸を打たれて


約束の日が迫ってるような

"後がないぞ"って自分を追い込むんだ

悔やんだって泣いたって時は無情に流れる 雨天決行だ


儚い命の蝋のように"ここにいるぞ"って自分を叫ぶんだ

猛スピードで駆け抜けてくやり直しなんてきかない

ONE TAKEだ

約束の日が迫ってるような

"後がないぞ"って自分を追い込むんだ

悔やんだって泣いたってやり直しなんてきかない

ONE TAKEだ

提供: うたまっぷ