歌詞

秋風

Kiroro

作詞
Kiroro
作曲
Kiroro

秋の風と一緒に 私の嫌いな冬の足音が近づいてくる

なぜか切ない気持ちで憂鬱になるから 冬なんかこないでって願った


あなたに出会えて 少し強くなれた

痛み出す胸に魔法をかけて下さい


本気で愛したあなただから きっと

忘れるなんてできないでしょう

戻らないあの日


秋の太陽を見上げた あたたかい日差しを身体中で受けとめたいから

ゆらら ゆれながら色づく木の葉達 願いは叶わずに悲しく落ちてった


かすかに感じるあなたの気配がどこかに

目に映ってる景色はあの頃のまま


辛くて苦しくて動けなかった あなたの手を離したあの瞬間

二度と会えない わかっていても 「またね」と少し強がりみせた

あなたが残した甘く切ない日々

提供: うたまっぷ