歌詞

HILL -幻覚の雪-

PIERROT

作詞
キリト
作曲
キリト

張りつめた静寂に包まれた 約束の丘で君を待っているんだ

祈りの歌はまだ止まない 君にまだ届いていない


騒音と白い吐息がただよう 希望の見えない街で見失った

どんなに答えを探してみても かじかんだ手のひらに君をつかめずに


「その胸にある暗闇をそっと照らそう」

幻覚の雪が願いを凍らせ 奪わないように


だからまだ眠らないで あの丘に風が吹いている 何もかもを掻き消して

確かめあった指先に きっと記憶が残っている 眩しい光に彩られて


現実をさらけだす太陽と 幻想の夢を描く月明かりと

悲し気に立ち尽くすだけの 迷ったまま置き去りにされた君と


「その胸にある暗闇をそっと照らそう」

幻覚の雪が願いを凍らせ 奪わないように


だからまだ眠らないで あの丘に風が吹いている 懐かしいあの場所で

失くしかけた感情に きっと記憶が残っている 眩しい光に彩られて


「幻覚の雪は未だ見ぬ未来を映して消えた」


だからまだ眠らないで あの丘で君を待っている 何もかもを捨て去って

抱きしめあった温もりに きっと記憶が残っている 眩しい光に彩られて

提供: うたまっぷ