歌詞

めぐる想い

ゴスペラーズ

作詞
相田毅
作曲
酒井雄二

もう二度と 心の岸辺に

もうあんな 想い よせないなら

もう僕は 幻の涙

So Far 濡れて 遠くひとり佇むだけ


愛と愛との隙間では

数えきれない人々が

肩をよせあい生きている

哀しみの 影に 揺れ

言葉のないその世界で


もう誰も 見上げない空に

もう何も 歌うものがないなら

もう僕は 静寂の中で

So Long 遠い 街の灯り見つめるだけ


胸の底に沈んでいる

数えきれない かけら達が

言葉にさえなれないまま

思い出の 夢を 見る

安らぎの明日を願って


World Without Words

そこに愛はあるの?

So Cry 胸に 触れて微かな音をたてて

心に降る雪のよう

消えゆく


愛と愛との隙間では

幾千の魂が 人々が

肩をよせあい生きている

何も語らない 誰も歌わない

言葉のないその世界で

雨の雫も 音をたてない

安らぎの明日を願って

心に降る雪のように


胸の底に沈んでいる

言葉にさえなれないまま

安らぎの明日を願って

提供: うたまっぷ