歌詞

金色の翼

ゴスペラーズ

作詞
安岡優
作曲
松本圭二/北山陽一

今は疲れた羽を少し休めているだけ

いつでも飛び立てる ここから

また始まるのさ金色の翼を

広げたままどこまで(辿り着くまで) 光求め


人は(誰もみな)鳥達の記憶を

忘れているだけ(立ち止まるたび)

いつから悲しみの重さに縛られ(見上げれば)

空はそこにあるのに

おいで思い出達と約束を地図に標し


あの日君に話した物語の続きへと

いつしか金色の翼が

そして旅に出よう 出会いと別れの町で

いつでも再会が待ってる

僕も待ってる

提供: うたまっぷ