歌詞

こなゆき

島谷ひとみ

作詞
小幡英之
作曲
吉川慶

ふわり粉雪 心に 触れて溶けるまで

このまま 時を止めていて


冬の星座から 恋がこぼれ落ちて

見慣れた街 銀色に 輝き出すよ


愛しさが ただ 雪のように 積もれば

「そばにいて…」止まらない気持ち


ふわり粉雪 心に 触れて溶けるまで

ずっとあなたの 胸で 暖められてたい

吹くよ木枯らし 凍える 夜の片隅で

静かに祈るよ この想い 冷めないように


息を吹きかけた 指で魔法かける

冬のままで 永遠の ふたりでいたい


小さくて まだ おびえている 愛でも

少しずつ 重ねてく強さ


ふわり粉雪 心に 触れて溶けてゆく

人の気配も 消えた 白い世界の中

ふたりこの先 このまま 夢を見るように

すべてを忘れて 温もりに 包まれたい


ふわり粉雪 心に 触れて溶けるまで

ずっとあなたの 胸で 暖められてたい

吹くよ木枯らし 凍える 夜の片隅で

静かに祈るよ この想い 冷めないように

提供: うたまっぷ