歌詞

ひとつぶの涙

Kiroro

作詞
玉城千春
作曲
玉城千春

ひとつぶの涙は何を伝えようとしてこぼれ落ちたの

言葉じゃなくたってハートで感じられると信じていたのに


眺めのいいあの窓辺

何も言わなくても あなたが好きな事

全部知ってたつもりでいたんだ


昼間の星を見つけたよ あなたを見つけた日も

同じくらい嬉しかったんだ 今までよりも特別なのに


さよならを上手に言えない私は 明日へ飛べない鳥

少しでも勇気を持つ事できたら…ほんの少しだけでも…


あなたの影や匂いは 思い出と一緒に日毎薄れてく

抱かれたうでの痛みは消えないけど


寝ボケたあなたの手を引いて 水色の空見上げた

ふたつ並んだ星指さした あの頃に戻れないかな…


ひとつぶの涙は何を伝えようとしてこぼれ落ちたの

言葉じゃなくたってハートで感じられると信じていたのに

さよならを上手に言えない私は 明日へ飛べない鳥

少しでも勇気を持つ事できたら…ほんの少しだけでも…

提供: うたまっぷ