歌詞

glider

TOKIO

作詞
HIKARI
作曲
HIKARI

僕らのグライダー小さな弧を描いた

いつか抱いた 夢と嘘の間な気分


幼い日描いた絵にも似ていた

不器用で素直な えも言われぬ流線形


何処まで行けばいい?

順風な日を超低空だなんて憂い

理由なんてないままに明日を期す…

ヤバいサイズを謳歌したいんだ


彼方にきらめく待望の陸地

抑え切れない思いが溢れて行く

まだ見ぬ僕らへの願いを揺らして

さあGo way 誰も知らない場所まで


Ifとためらいがめぐり逢う世界さ

目の前に開いた 夢と嘘の距離ならEven


やがて答えが出るも出ないも

きっと僕次第だ 随分長い平行線


I can find it You will love it

舞う風に無抵抗だなんて都合いい

What can I feel Some more than this

Yes, never be… さもフェイクな情は捨てんだ


片隅に眠る最愛のメッセージ

新しい風な思いに溶け合って行く

まだ見ぬ僕らへの誓い呼び覚ますフライトへ

出来るなら君を連れて


窓の向こうに 大袈裟なくらい広がる視界

いつの間に見逃してた自分以外のLife

もうきっと忘れない


フワリ浮いた偉大な僕らよ


変わりゆく風景に太陽のメッセージ

そう多分 意のままに今日は流れて行く

まだ見ぬ僕らへの誓い呼び覚ますフライトへ

出来るなら 出来るなら君を連れて


僕らのグライダー小さな弧を描いた

提供: うたまっぷ