歌詞

ひとひらの夢

Bluem of Youth

作詞
別所悠二
作曲
松ヶ下宏之

北風に襟を立て 振り向かず歩いてゆく

ポケットの指先は 君に触れることはなく


すれ違う人たちも 帰る場所を探し続けてる

手放したその心 照らせるのはもう僕じゃない


この手の祈りだけが

もしも君へ届くとすれば

どうか密やかに揺れる

君を抱く風になれ


待ちわびた混ざり道 頑なに消え続けて

燃え盛る太陽は 仄暗い雲に欠けて


剥がれてく月日たち 君の胸は叫んでいたのに

届かない僕の手は 自分の場所だけ確保した


醜く汚れてゆく

気持ちならばいっそ切り捨て

僕は孤独のままに

去り行くと決めたんだ


立ち止まる僕の前を 思い出がすりぬけてゆく

掴めそうで 二度となくて いつまで痛むのでしょう


この手の祈りだけが

もしも君へ届くとすれば

どうか密やかに揺れる

風になれ 君を照らせ

君が 君がくれた あの素晴らしい ひとひらの夢

僕は手をかざしながら そしてまた歩きだす

提供: うたまっぷ