歌詞

空想と現実の夜明け

ZONE

作詞
千空
作曲
渡辺未来

押しつけた現実を飲み込んでいる

錆び付いた足跡を積み上げて

涙ほどいて堕ちてゆく

辿り着いた場所を彷徨って


歪んだ視界で終わりのない夜空見上げて

拒んでもがいて叫んでただ歩き出す

きっと明日は笑い飛ばそうよ


ひび割れた満月が今堕ちてゆく

置き去りの空想が霞んでく

朝が来るまでうずくまって

繋がれてた影を毟り取って


歪んだ視界で見慣れた夜明けが静かに

拒んでもがいて叫んでそう動き出す

きっと明日は笑い飛ばそうよ


朝が来るまでうずくまって

繋がれてた影を毟り取って


歪んだ視界で終わりのない夜空見上げて

歪んだ視界で見慣れた夜明けが 静かに

拒んでもがいて叫んでそう動き出す

きっと明日は笑い飛ばそうよ

提供: うたまっぷ