歌詞

白い花

ZONE

作詞
町田紀彦
作曲
町田紀彦

白い花が夜空の 隙間静かに埋める

まるであなたが側にいる ような 優しさ香る

忘れられない名前 胸の奥に咲いてる

白い花が枯れたとして いつか また咲くだろう


あなたと 自由を 探した

あなたとの やすらぎ 求めた

あなたとの 永遠の愛を 信じた雪降る夜だった


私の涙がほら 白い雪に変わって あなたの心を染め

もう一度 二人は 出逢うだろう・・・

いつまでも降る雪に 今はもう迷わない 果てしなく広がった

夜空に白い花が咲いてる・・・


それは二人さえぎる 冬の凍てつく道を・・・

けれどつないだ手のぬくもり 今も 暖かく感じ

細く続く足跡 今日はどこか違うの?

雪と星の囁き声 さえも 確かに聞こえ


あなたが 私の 少し前

歩いてくれた 後ろ姿

あなたとの 永遠の愛を 信じた雪振る夜だった


記憶の中の写真 白い雪に埋めたの 最後にもう一度だけ

逢いたくて 探した 夜だった

冷たく凍えた手は もう何も捜せない 月明かりが優しく

私を照らし続けて眠る・・・


私の涙がほら 白い雪に変わって あなたの心を染め

もう一度 二人は 出逢うだろう・・・

いつまでも降る雪に 今はもう迷わない 果てしなく広がった

夜空に白い花が咲いてる・・・


いつまでも降る雪に 今はもう迷わない 果てしなく広がった

夜空に白い花が咲いてる・・・

提供: うたまっぷ