歌詞

ショーミキゲン

おニャン子クラブ

作詞
秋元康
作曲
増本直樹

日本の首相が誰だって

80年代は帰らない

それより みんなの関心は

"自分だけの未来"


女も若けりゃそれだけで

チヤホヤされてた

お刺身のままで

二十歳過ぎたら

魔法が解けて

焼いたり煮たり……


青春のショーミキゲンは

想像の花びら

青春のショーミキゲンは

夢を見る力よ


あきらめて(あきらめて)

しまったら(しまったら)

そこで散るだけ

だから もっと(もっと)

欲をきれいに咲かせて


いい娘も悪い娘も聞きなさい

21世紀はまかせたわ

普通で退屈な毎日が

いつの日か 青春


男もカッコよきゃ馬鹿だって

ドキドキしたけど

学習したのよ

妥協するうち

大事なことが

わかって来たの……


恋愛のショーミキゲンは

初めだけの一瞬

恋愛のショーミキゲンは

思いやりのマラソン


ロマンスが(ロマンスが)

終わっても(終わっても)

愛はそれから

そして ずっと(ずっと)

そばにいたいか? 聞かせて


大人になって

わかること(わかったの)

文句ばかりを言ってた

あの頃の日々が青春


青春のショーミキゲンは

想像の花びら

青春のショーミキゲンは

夢を見る力よ

恋愛のショーミキゲンは

初めだけの一瞬

恋愛のショーミキゲンは

思いやりのマラソン


あきらめて(あきらめて)

しまったら(しまったら)

そこで散るだけ

だから もっと(もっと)

欲をきれいに咲かせて

提供: うたまっぷ