歌詞

おしえてさかなクン ~冬のお魚編~

さかなクン

作詞
やましゅん
作曲
あさ美瑠宇

おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン

「こんにちは さかなでございます

タラ タラは何でも食べちゃうおサカナです

だからいつでもおなかはデップリ

タラフク食べるっていう言葉は

そこから生まれたんですねえ

小さい頃はたくさんで泳いでいますが

大きくなると一匹オオカミです ハーイ」


おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン


あのね タラはね

魚へんに雪という字を書くんだよ

雪が似合うぜ 冬の名物さ


もひとつ タラはね

とにかく食べるぜ 海の大喰らい

だから たらふくって 言葉が生まれたよ


お顔はハンサム ヒゲのいい男

やタラ かっこいい

ひものに くんせい 白子はこってり

三平汁でぃ 鱈腹喰っとくれ~


おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン


「ハーイ お次はフグです

フグにはみなさんご存知の通り

猛毒があります

だから専門の調理師さんがさばかないと

たいへんですよー

一番高級なのはトラフグです

おさしみやナベ からあげなど

日本の冬を代表する西の大関です」


おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン


あのね なんてったって フグはね

おっとあぶない 毒があるんだぜ

昔は 命をかけて 食べたとさ


もひとつ なんてったって フグはね

とぼけた顔して エビ カニほお張るよ

なんと怒ると 歯ぎしりギリギリさ


敵がせまると ふくらむプクプのプ~

ウインクもできるよ

刺身に から揚げ 天ぷら ヒレ酒

西じゃ フグチリ 粥の大関やで~


おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン


「そしてさいごはアンコウです

アンコウはふかーい海の底に住んでいて

アタマについてる釣りザオの様なものを

器用に動かして 近づいて来るものは

何でも食べちゃいます

アンコウのキモは絶品です

海のフォアグラとも言われています

やっぱりナベが最高!東の横網だあー」


おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン


あのね アンコウはね

ヒレで海の底 上手に歩くんだ

かなり獰猛 深海の親分


もひとつ アンコウはね

頭のヒレで魚を釣るんだよ

だから あだ名は 海の釣り名人


カラダは ぐにゃぐにゃ カタチはしゃもじ型

捨てるとこないよ

ぜんぶ旨いよ おかわリアンコール

東のアンコウ 鍋の横網だぁ~


おしえて~ おしえて~ おしえてさかなクン

おしえて~ おしえてさかなクン

提供: うたまっぷ