歌詞

屋台

片岡鶴太郎

作詞
秋元康
作曲
山崎燿

うらぶれた屋台で1人

12月の風に背中を丸め

人肌よりも熱い燗で

心の涙を飲んだ


酔いつぶれるまで

おまえの面影が

瞼に浮かんで離れない

酔いつぶれるまで

おまえに惚れたまま

記憶の糸を切りたい


愛想の悪い

親父よ つき合ってくれ


ラジオから流れる歌に

正直な気持ちを言い当てられて

コートの襟を合わせながら

心も貧乏ゆすり


雪が降りそうな

静かな夜だから

男は黙って 酒を飲む

雪が降りそうな

空気が染みて来る

屋台で愛を忘れる


おまえのいない

部屋には 灯りもなくて………


酔いつぶれるまで

おまえの面影が

瞼に浮かんで離れない

酔いつぶれるまで

おまえに惚れたまま

記憶の糸を切りたい

提供: うたまっぷ