歌詞

SOLID DREAM

CHEMISTRY

作詞
麻生哲朗
作曲
FUJIMOTO KAZUNORI

朝靄に信号待ちが長い 歩き慣れているはずの交差点に立つと

繰り返し刷られてく街の画の 隙間に挟みこまれてる思い出が 痛い


大事なモノは抱えきれず 零しても壊しても 振り向かず歩いてきてる


冷たい風に吹かれて ボクの肩が手探りで

あの頃の自分に戻りたがるみたいに 少し震えた

わかりもせずに「強さを持て」とか 誓ってみるけど

優しい気持ちに また 鈍くなってしまってるだけ


捨てられない不安も あの夢と背中合わせにあるなら 輝くはずなのに


オトナのルールを何となくまとい始め 何もかも何となく くすんでいってる


もうすぐ雨が降るなら 元のボクに塗り重ねられてきた

いろんな余計なモノが 流されてしまえばいい

ガラじゃないのに「優しくあれ」とか言い聞かせるけど

気づけば 今までより 脆くなってしまってるだけ


そぎ取って はぎ落として その後に 今ボクに残るのは?


もうすぐ雨が降るなら 元のボクに塗り重ねられてきた

いろんな余計なモノが 流されてしまえばいい

風に吹かれて ボクの影が 淡く遠く伸びてく

明日の 自分のことを 確かめたがるみたいに


変わっちゃいけないモノを守れるように変われたら

提供: うたまっぷ