歌詞

記憶の恋人

MILKRUN

作詞
MILKRUN/c.close
作曲
MILKRUN

乱暴な恋を続けたのなら

それに終始して

ないものねだりの泣き言なんて

言わなきゃよかった


欲望の海は底なしで すがりつくその手を

強引にふりほどかれたから 溺れてしまった


だってそうでしょ 記憶の恋人

毎日毎夜迷惑してるのよ

慰謝料はあなたの愛で まかなって

それじゃなきゃ ねぇ 完全に消え去って


愛情の均衡がとれてるうちは

わからないけど

一旦天秤が傾き出せば

簡単なもんだよね


週末の雨に散るバラは 真っ紅な花びら

惨劇が繰り広げられた後の 鮮やかな景色


きっとそうでしょ 記憶の恋人

他の誰かと笑っているのよ

物語の結末は儚くて

元に戻る望みなど 捨て去って


Let me down 滲む想いは 白夜のように 眠れそうもない


だってそうでしょ 記憶の恋人

毎日毎夜迷惑してるのよ

慰謝料はあなたの愛で まかなって

それじゃなきゃ ねぇ 完全に消え去って

物語の結末は儚くて

元に戻る望みなど 捨て去って

提供: うたまっぷ