歌詞

境界線

チン☆パラ

作詞
中島大吾
作曲
中島大吾

いつか君と見上げたビルの翳から見える星を 思い出したんだ

街の灯りが邪魔して周りに輝くもの達に 気付かなかったんだ


街道沿いを歩く恋人達に 自分の姿重ね合わせたりして

過去を憂いながら口ずさむ あの日のメロディー胸を伝う


大事なものがあること ただそれをずっと忘れてたんだ


フラフラの身体が行き着いた先の公園のベンチの上で

見上げたブルーの空は僕の心の中をちょっと 埋めてくれたんだ


永遠に終わりのない歌を 君に歌いたい

僕を染めるその音はいま形になってゆく


とても長く果てしない続く道だ

空を超えて君に会いに行くよ


君が必要なんだと僕はやっと 気付いたんだ

見えなかった星空が 今はしっかり見えるんだ


永遠に終わりのない歌を 君に歌いたい

大切なものを もう失わない様に

提供: うたまっぷ